クリニックの看護師求人の実態 〜転職で失敗しないためのイロハ〜

MENU

クリニックの看護師求人の実態

クリニック求人を見てみると、幅広い人材を募集していることがわかります。ベテランの看護師から新卒に近い若手の看護師まで、幅広く募集されてます。ママさん看護師のようなブランクのある看護師でも積極的に採用している所もしばしばみられます。

 

また勤務形態に関しても様々で、正規スタッフの募集ももちろんありますし、パートや派遣のような非常勤で勤務できる求人もあります。女性看護師はもちろんのこと、最近では男性看護師の求人情報も見られるようになりました。ですから求人探しをする時には、条件をしっかりと見極めてどこに応募するかを考える必要があります。

 

また福利厚生のシステムがどのようになっているかに関しても、しっかりと確認しておくべきです。独身寮などが用意されているかどうか、子どものいる看護師の場合院内託児所のようなものがついているかどうかを確認してください。研修などの教育システムは、病院と比較すると若干劣る傾向が見られます。

 

しかし、こういった複雑な求人傾向もありますが、アルバイトやパートとして勤務するなら気軽に働くことができます。実際のアルバイトとしての働き方は、「看護師のアルバイト日記」を参考にしてみましょう。

 

看護師がクリニックへの転職で後悔しないために

クリニックに転職して成功する看護師がもちろんいる一方で、転職したことを後悔しているというケースも見られます。実はクリニックの中には、名称だけで実態は違っていたというケースも多いのです。クリニックというと患者もそれほど多くはないし、駅の近くのようなイメージを持っている人も多いようです。しかし中には小さな診療所だったというケースもあります。

 

自分がイメージしていた職場とかなり大きくずれているケースを見てみると、面接もなしでいきなり採用される事例で多く見られます。面接なしで採用されるというのは、よほど人手不足の状況に陥っているか、もしくは希望者が出てこない所です。いずれにしても働きやすい職場とはとてもではないが言えないので注意することです。

 

確実に自分のイメージとのギャップを作り出さないようにするためには、事前にクリニックの見学を忘れずに行ってください。そして思っているような仕事ができそうか、クリニック内の様子はどうかという所を確認すべきです。

 

保健師資格も持っている場合は、健診関連のクリニックがオススメ

看護師資格だけではなく、保健師の資格も持っている場合は、一般診療科目のクリニックで働くよりも健診専門クリニックや人間ドックを行っているクリニックで働いた方が、スキルを活かしやすいでしょう。保健師求人.net - 手に入れたかった募集情報はココで見つかる!でも紹介されているように、保健師に人気の転職先として健診機関は上位にあります。